東京オリンピック前の今がチャンス!
中野区に不動産購入

サブカルチャーで有名な街!オタクの聖地が今注目される理由

最先端の商業施設と昭和の雰囲気が融合する中野区

人気の街!東京中野区

東京中野区は沢山の不動産が建ち並ぶサブカルチャーの街として有名で、 住んでみたい街のランキングでは毎年上位に入る人気の街です。そして 2020年の東京オリンピックに向けて大きく変貌しようとしている街でも あります。国内外から観光客が今よりも増加するので、老朽化したビルの 解体や立て直し、新たな商業施設の建設が計画され再開発地域としても注 目を集めています。ですから、中野区に一戸建て住宅を購入すると快適な 生活が出来ますし、購入した住宅をリノベーションで住みやすくして資産 運用に活用することも出来るはずです。

building

再開発地域「中野区」に注目

東京オリンピックに向けた街づくり

新宿に近く、東京の中央から少し西側に位置する中野区は、2020年の東京オリンピックに向けて スポーツ活動の推進、観光客の受け入れ環境の設備、国際理解の推進など行なっています。これか ら本格的にオリンピックモードになる中野区では再開発が進んでいて、中野駅を拡張して南北に通 路を渡して自由に行き来出来るような駅ビルを建築予定です。新しい中野の象徴として駅ビルを建 てるだけでなく、駅周辺の渋滞緩和を目的とした道路の整備も進んでいます。また、商業施設やオ フィスビルの建設に伴う昼間人口の増加を見据えた、歩行者の動線の見直しや道路の拡張も進めら れており、より安全・快適な移動が可能になるでしょう。オリンピックを視野に入れた大規模な都 市再開発で、賑わいと調和の取れた新しい都市が誕生します。ですから、中野区の不動産人気が急上昇していて、同区内の一戸建て住宅も注目が高まっています。

東京オリンピック

再開発エリア3つの魅力

資産価値の向上

再開発エリアは新しく便利な公共施設が多く建設されます。そして、築年数が長く老朽化した中古の不動産を解体して、商業ビルや快適 な住宅環境を整備します。そのため、快適に生活をすることが出来るので、一戸建て住宅の購入を検討している方の注目を集めているの です。都市構造も大きく改善されて、再開発エリアの防災性能も向上することによって、再開発エリア内の資産価値は向上し魅力あふれ る街に変わります。

利便性の向上

再開発により、医療機関や商業施設、公共機関などの沢山の施設が集中します。こうした施設の集中により、施設間の移動が容易になり、 通勤や通学の途中でまとめて用事を済ますことも出来るようになります。メインとなる駅の周辺に各種施設が整うことで、生活が豊かに 快適になって利便性の高い街になるでしょう。

教育水準の向上

資産価値や利便性が向上すると、生活環境の良い場所を求めて高収入の方が多く集まる傾向があります。より多くのお金を教育にかける 家庭が増えることで、地域の教育水準の向上に期待が持てます。また、各種学校や図書館、塾などの教育施設や、保育園、幼稚園などの 子ども関連の施設の充実にもつながります。子どものいる家庭にとって、理想的な環境が整っていくでしょう。

リノベーションやリフォーム物件が増加中

室内

東京オリンピックの誘致やアベノミクス効果によって不動産業界は活性化しています。新築だけでなく、近年は中古市場も 活性化していて、中古の物件を購入してリノベーションやリフォームすることにより、新しく建て替えるよりも手軽に資産 価値を上げることが出来ます。最近の中古一戸建て住宅の購入動機は、ひと昔のような新築住宅を購入することが難しいと いったものばかりではありません。自分のライフスタイルを体現するための手段として、中古一戸建てを購入している若い 世代の方が多くなっています。古い住宅の「良さ」や「価値」を利用して、自分のオリジナリティを加えることで新たな「 価値」を見出すことが出来るのでリノベーションは人気となっています。

中野駅から徒歩10分圏内にあるおすすめスポット

人気スポットを見つけよう!

中野区と聞いて、中野ブロードウェイの人気古書店「まんだらけ」をイメージ する方も多いでしょう。同施設の顔として、また日本が誇るサブカルチャーの 発信地として、最近は海外の観光客にも人気です。他にも「なかのZEROプラ ネタリウム」は図書館やプラネタリウムや劇場を兼ね備えていて利用方法は多 岐にわたります。また、このエリアには商業施設だけでなく、区役所や総合病 院、小学校といった公共施設もあります。さらに中野セントラルパークの付近 には、「四季の森公園」があり、都会の中で四季折々の草花や生き物を見るこ とが出来て、自然を満喫することも出来ます。これだけの施設が駅徒歩10分圏 内に集中しているうえ、さらなる再開発が進むエリアであることを考えると、 現在の中野区の不動産価格はかなり割安であると言えます。不動産を購入する のは今がベストタイミングかもしれません。数年後には価値が上がっている可 能性も十分に考えられます。

地図

中古一戸建ての相場とリノベーション

築年数と建築面積によって中古物件の費用相場は変化します。一般的に築年数が長く、建築面積が広くなるほど中古物件の費用相場は新築物件に近 づいていきます。中古一戸建てを購入してリノベーションをすることを考慮に入れても、総額は新築よりも中古がお得になるケースが多くあります。 現在の中野区の建築面積・築年数別の平均不動産相場を表した表があります。中古一戸建てを購入場合の参考になるでしょう。

table

リノベーションは1,000万円までに抑える

現在の日本ではリノベーションの総額は工事する規模によって様々となっ ていますが、平均は1,000万円以下となっています。つまり、「中古一戸 建ての物件費用相場+約1,000万円」が物件を購入するために必要な費用 となります。基礎まで建て替えるような大規模な工事をすると費用も高く なりますが、住宅の機能を向上させるリノベーションなら1,000万以下に 抑えることも可能です。収入や貯金が沢山ある方は別ですが、平均年収の 方の場合はリノベーションの費用を自分にとって現実的な金額にすること が大事です。さらに購入した中古一戸建てをリノベーションして後に売却 を検討している場合、自分の個性を強く反映させた住宅よりも、万人受け するシンプルなデザインに仕上げた方が、買い手も見つかりやすく売却に 有利です。

電卓とお金